hCAPTHAのチャレンジに「繰り返しのないエンティティをクリックしてください」というものがあります。この文面の意味がわかりにくいせいでしょうか、検索しておられる方が相当数おられます。この記事では「繰り返しのないエンティティ」とは何で、何をすればいいのかを簡単に解説します。

→ 続きを読む

ジムニーはラバー製のマウントを介してラダーフレームの上にボディーが乗っているという構造から、フレームとボディーの位相差振動が生じ、ドライバーが感じる剛性感は非常に低いものになっています。この対処として、フレームとボディーをセミリジット化し、強化ボディーマウントを導入することで、剛性感とステアリングフィールを劇的に向上させました。

→ 続きを読む

ジムニーはもとがうるさい車であるだけに、静音化を目的としたデッドニングの効果は絶大です。いまどきのコンパクトカー以上の静粛性を手に入れたDIYデッドニングの作業内容と材料について説明します。車内が静かになり、異音が消えることで、カーオーディオのリスニング環境が整うだけでなく、運転疲れが軽減され、車格まで上がったかのように感じられます。

→ 続きを読む

取引先の慶事のお祝い花としてよく選ばれる胡蝶蘭ですが、いくらくらいの胡蝶蘭を選べばよいか迷う方も多いと思います。この記事では、中小企業が社外に贈る祝品や祝金の相場を調べたデータを元に、適切な金額の目安について考察します。お祝いの種類や取引先との関係にもよりますが、おおよその目安となる金額は3万円で、できればそれを上回ることがおすすめです。

→ 続きを読む

胡蝶蘭は大きくて場所をとり、水やりなど世話に手間がかかり、不要になって処分となると大量の産業廃棄物を排出するため「有難迷惑だ」や「いらない」などと言われがちな存在。とはいえ、取引先の慶事に胡蝶蘭を贈るという長年にわたって根付いてきた慣習はそうそう破れません。そこで、世話の手間がなく、処分も簡単で、産業廃棄物を出さない胡蝶蘭を選べば、先方に迷惑をかけずに胡蝶蘭を贈れます。

→ 続きを読む

取引先のお祝いごとの中でも特別なときに贈る5本立ちの胡蝶蘭。5本立ちは、ここぞというときに贈るものだからこそ、惰性で選ばず冷静に賢く選びたいもの。値段相場を把握し、目的に合った商品を選ぶことが大切です。この記事では、5本立ち胡蝶蘭の値段相場を18サイトから調査したうえで、胡蝶蘭を贈るビジネス上の目的への貢献度も考慮し、値段だけではない賢い選び方をご提案します。

→ 続きを読む

取引先のお祝いごとのときに贈る胡蝶蘭。3本立ちはどんなシーンにも使える定番ですが、使用頻度の高い定番だからこそ賢く選びたいもの。値段相場を把握し、目的に合った商品を選ぶことが大切です。この記事では、3本立ち胡蝶蘭の値段相場を18サイトから調査したうえで、胡蝶蘭を贈るビジネス上の目的への貢献度も考慮し、値段だけではない賢い選び方をご提案します。

→ 続きを読む

胡蝶蘭の値段は花の数で決まります。花1輪あたりおよそ700円が相場と言われ、花が30輪ついた商品なら21,000円前後、50輪ついた商品なら35,000円前後、といった形でおよその値段を見積もることができます。この見積もり方がどこまで正しいか、胡蝶蘭の値段相場を18の胡蝶蘭ネット通販サイトから調査しました。調査をふまえた最安サイトやおすすめサイトも紹介しています。

→ 続きを読む

TRUST Greddy Blow Of Valve TYPE FV装着写真

JB23ジムニーの純正リサーキュレーションバルブ(ブローオフバルブ)の劣化と、以前交換したキノコ型エアクリーナーの特性からくる不具合を解消するために、社外ブローオフバルブを導入し、純正エアクリーナーボックスと純正交換タイプのエアクリーナーエレメントを装着した記録。

→ 続きを読む

滋賀県某所の林道にて

単に見た目重視、ドレスアップ的な意味でマッテレをつけたはずが、ショップの社長さんの「雪の林道はめちゃオモロいでえ」という言葉に乗せられて、なぜかすっかり雪道の面白さにはまってしまった、という話です。マッテレは圧雪や凍結路には弱いですが、新雪ならそこそこ走れる性能があるので、ほとんど車の通らない林道であればかなり楽しめます。

→ 続きを読む

Memory

メイン機として5年間活躍し続けたMacBook Core2Duo 黒(Late 2006 MA701J/A)は僕の勘違い(ハード的な不調に陥ったと勘違いした)によって昨年末に現役を引退しました。ところが先日、試しに OS X 10.7 Lionを新規インストールしてみた(それまでは OS X 10.5 Leopardだった)ところ、各不具合が完全に消失し、絶好調になってしまいました。これを機にMacBook黒をリフレッシュし、ついでに現在も所有している他の2台のPowerBookもリフレッシュした記録、というのがこのエントリの趣旨です。

→ 続きを読む

美浜原発建屋

先月のことですが、金沢でセミナーの仕事をした帰り道、福井の原発銀座と呼ばれているエリアのうち、敦賀半島の先端部に集中している3施設(敦賀原発、美浜原発、高速増殖炉もんじゅ)を巡るツーリングをしてきました。若狭湾に突出する敦賀半島は、全国的には原発半島として知られていますが、その一方で極めて優れた景観美を誇っており、ツーリングやドライブのスポットとして知られているほか、海釣りや海水浴場としても賑わう一大観光地帯なんです。

→ 続きを読む

始めたばかりのTwitterですが、意外だったのはBotが面白いこと。人のリアルな発言に混ざって、たまに名言や名台詞が流れてくると、ハッとさせられたり、心が和んだりします。 そこで、調子に乗って僕も作ってみました。札所御 […]

→ 続きを読む

Recaro SR-7 & SR-7F

僕とJB23ジムニーとの付き合いはもう8年以上になりますが、実用面でも趣味面でも経済面でも、これほど高いパフォーマンスを発揮してくれる車はほかになく、大いに満足しています。しかしドライバーの加齢により、だんだんと運転していて疲労がたまり腰痛が悪化するようになってきました。これらの改善策として、レカロSR-7とSR-7Fを導入しました。

→ 続きを読む

ウインズワークス製 SUSオイルキャッチタンク

インタークーラーとその配管(ターボインテークパイプ)の脱着を行った際、クランクケース内からブローバイガスと一緒に出てきたオイルミスト(エンジンオイルが気化したもの)が冷えて液化したものか、またはブローバイの圧力で吹き上がったオイルそのものだと思われるオイルが大量に付着していました。そこで、このオイルを分離する目的で、オイルキャッチタンクを取り付けました。

→ 続きを読む

自作アクチュエーター強化スプリング

ターボ車のブーストアップの定番、ウエストゲートアクチュエーターのスプリング強化をDIYでやってみました(JB23ジムニー)。材料代は数百円とお手軽ながら、目が覚めるような出力向上が味わえます。特に、軽自動車のように通常走行でも過給圧をかける頻度の高い車両では、効果を実感できるシーンが多いのでおすすめです。

→ 続きを読む

ジャダーストップナット

自動車やオートバイの異常振動で、ステアリングシミーなりハンドルジャダーなりと呼ばれる現象があります。歴代のジムニーにとっては持病のようなものだそうで、どんなジムニーにも発生する可能性があるものなんだそうです。それが、半年ほど前から、ついに僕のJB23/3型のジムニーでもたまに発生するようになってしまいました。その対策の記録です。

→ 続きを読む

徳田銘木の展示

ある展示会に行ってきました。以前からの知り合いの社長が出展するとのことで、誘われたのです。展示会は住宅関連。建材や家具、照明といった、いかにも住宅関連らしい展示が並ぶなか、僕を誘ってくれた出展者のブースは、自然木が並んで立っているという不思議な(異常な?)空間です。ブースを訪れた人たちがみな自然木に手で触れていく様子が印象的でした。

→ 続きを読む

ジムニーのプラス側を接続

ブースターケーブル(ジャンピングコード)を使ってバッテリーの上がったバイクを救出する、という話。バッテリーが弱ったバイクは250cc四気筒(バンディット250V)、電源の供給車は軽四輪自動車(ジムニーJB23)です。両方とも小さい車両なので、ブースターケーブルは50A(小型自動車くらいまでには対応)のもので十分です。

→ 続きを読む

道幅の狭いところでもスイスイ

僕の愛車は JB23W/3型のジムニーで、新車で購入してからまる7年が過ぎました。とはいえ極めて良好な状態を保っているということで、まだしばらく乗り続けることを決意し、気分転換を兼ねて足回りを中心にカスタマイズすることにしました。カスタマイズ内容の検討から45mmリフトアップ、カスタマイズ後のインプレッションまでの記録です。

→ 続きを読む