激安大盛りの海鮮丼で大満足。福岡 柳橋食堂

先日仕事で福岡に行ってきたのですが、福岡空港に到着してそのままタクシーで直行したのが、柳橋連合市場の中にある「柳橋食堂」です。ここは市場内の魚屋さん「吉田鮮魚店」の二階にある食堂で、事務所か倉庫を改装したような無骨なお店ながら、昼食には少し早い時間にもかかわらずすでに満席という盛況ぶり。

柳橋食堂 特上デラックス海鮮丼

僕が食べたのは、特上デラックス海鮮丼(大盛り)で、お値段は魚の味噌汁が付いて1500円。ちなみにウニとイクラの無いものが標準で、そちらは驚きの650円です。

その標準の海鮮丼の内容はというと、白身魚(この日は鯛でした)を中心とした数種類の魚のヅケがご飯の上に満載されており、さらにその上からウニとイクラが乗るというワイルドかつ豪勢なもの。ヅケは煎りゴマを荒目に擦ったものが和えてあり、少し辛めの醤油の風味とマッチして実によいお味。そしてそのヅケの量たるや、ご飯と同量近いほどの圧倒的なものでした。

ヅケになった魚は、どうも階下の魚屋さんで刺身用に乍取りした残りをを中心としているようで、形や大きさこそ不揃いでしたが、鮮度も量も実に堂々たるもので、身の締まった白身魚をおなかがいっぱいになるまで堪能できました。胡麻風味のヅケ(これは福岡の仕様なんでしょうか?)というのも何だか物珍しくて、旅行気分も満喫(いやその後すぐ仕事だったんですけど)できたのものよかったです。

ただ、この海鮮丼が名物だと聞いていたので、他のものには目もくれずに僕は海鮮丼を頼みましたが、どのメニューも目を疑うほどの安さです。っていうか「ふぐ唐揚げ定食 800円」とか意味がよくわかりません。

柳橋食堂 店内

他のお客さんがオーダーした刺身定食(850円)や上寿司定食(1200円)も目にしましたが、値段を考えると本当にあり得ない感じのものでした。いつか他のメニューにもチャレンジしたいです。